HOME > 万作の会とは > 万作の会と狂言

万作の会とは

万作の会と狂言

「万作の会」とは

「万作の会」は、野村万作を中心に公演を行うグループです。
万作をはじめ、野村萬斎・石田幸雄ほか「万作の会」の狂言師たちは、国内外で多くの狂言・能公演に出演しています。
また、一般の方に狂言を体感して頂くワークショップや、大学やカルチャースクール、専門学校などで講師として指導を行い、狂言の普及活動に努めています。
一方で、古典はもとより、狂言の技法を駆使した新しい試みにしばしば取り組み、その演技・演出でも高い評価を受けています。

「狂言」とは

狂言は、今から600年ほど前、室町時代に能とともに成立した、日本特有の伝統芸能です。

奈良時代に中国から伝わった種種雑多な芸能が、平安時代中ごろには大衆向けの滑稽な芸能「猿楽(さるがく)」となり、
さらに寺社芸能や農村の芸能、田楽、白拍子などの影響を受けながら姿を変えていきました。
現在のような上演形式になったのは江戸時代、幕府の式楽に定められてからのことです。

現在、狂言は能と合わせて、「能楽(のうがく)」と呼ばれています。「能楽」は2001年、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されました。

能の多くが荘重・悲壮な内容であり、舞歌を中心とした幻想的・象徴的な劇であるのに対して、狂言はセリフとしぐさを中心とした写実的・喜劇的な対話劇です。

内容も現実に根ざしたものが多く、筋も単純。
登場人物も二、三人だけのものが多く、能と違って歴史上の人物もほとんど登場しません。

おろかな大名、たくましい家来、ものほしげな僧、わわしい妻、こけおどしの山伏、愛しげな鬼、はては猿、狐、狸、蚊の精までが登場し、
日常的な事柄のうちに、庶民の誰もが持っている生活感情の機微を洗練された笑いに表現しています。

能楽の大成者・世阿弥は、品のいい笑いを生み出す「幽玄の上階のをかし」であれと言っています。
この狂言の笑いこそ真に人間らしい感情の表出であり、健康で大らかな人間への賛歌であると言えるでしょう。